熊本空港アクセス鉄道:線路容量

 豊肥本線の熊本-肥後大津間は線路容量がひっ迫しており、三里木ルートを豊肥本線に直通してしまうと、三里木-肥後大津間が減便となり、輸送力が低下する。これ以上の増発は危険。線路容量の問題を解決するには、熊本-三里木間を複線化するしかない。

 部分複線化では不十分。複線区間から単線区間に入る手前で列車が渋滞する可能性がある。

 また、熊本-肥後大津間で交換駅でないのは新水前寺と東海学園前の2駅だが、この2駅を交換駅化したって線路容量の問題が解決するわけではない。

 三里木駅での分割・併合は、それ自体に時間がかかり、列車の所要時間が結果的に長くなる。また、一方または両方のダイヤが乱れれば、併合の際、一方の列車がもう一方の列車と連結するために三里木駅またはその手前で長時間待つ羽目になる。

 よって、線路容量とそこから起きる問題を回避するには、肥後大津ルートを採用するしかない。

 アクセス鉄道のルートはすでに肥後大津ルートに決定しており、奴にとやかく言う権利はない。

テーマ : 熊本のこと - ジャンル : 地域情報

タグ : 熊本熊本空港アクセス鉄道

アクセス解析

ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本県情報へ
ブログランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

epsilon5c

Author:epsilon5c
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
タグリスト

熊本 熊本空港アクセス鉄道 テレビ テレビドラマ ドラマ 海外ドラマ LOST スタートレック 映画館 ホットドッグ四ツ葉 歴史 黄泉がえり